mainView
ライオンズ茅ヶ崎ザ・アイランズ開会式

マンション内のクラブで企画を持ち寄って、大人も子どもも楽しみつくす夏祭り!

前回、ライオンズ茅ヶ崎ザ・アイランズで「マルシェ」による住民と地域の交流の様子を紹介しました。今回は、クラブ活動も盛んな同マンションで、楽しい夏祭りの様子をお伝えします。管理会社や理事会が主導するのではなく、各クラブが考えた企画を持ち寄ってみんなでつくる夏祭り。さながらみんなで参加する「大人の文化祭」といった風情のお祭りでは、たくさんの子どもたちも巻き込んで、たいへんな盛り上がりを見せていました。

各種イベント

運営スタッフが100人以上! みんなが主役のお祭りに

マシュマロレース

水盤が煌く広い中庭に特設ステージがつくられ、たくさんの人が集まる周りには、色とりどりの出店がステージを取り囲んでいます。ステージ上には、何と管理組合理事長自治会の会長による漫才さながらの司会に笑いが。神奈川県茅ケ崎市にある大規模マンション「ライオンズ茅ヶ崎ザ・アイランズ」の楽しい夏祭りの始まりです。

ステージには前述の2人のほかに、10名以上の大人が並び、一人ひとり紹介されました。彼らは今日の夏祭りの立役者たち、マンション内のクラブの代表者です。

「ライオンズ茅ヶ崎ザ・アイランズ」では、「アイランズクラブ」と呼ばれる入居者同士のサークル活動が盛んに行われています。5人以上の人数を集めて理事会から承認を受けたクラブは現在16。そのうち11のクラブが、今回の夏祭りに参加しました。

「夏祭りは今年で4回目ですが、それまでは理事会主導のごく普通のお祭りだったんです」と話すのは、管理組合の理事長。しかし、それではどうしてもお仕着せになってしまうように感じていたそうです。イベントが盛んなマンションであることから、昨年の秋にイベント実行委員会を立ち上げ計画を進めていく中で、クラブに協力してもらおう、という話が出ました。

「自分も含めて理事や実行委員には、2、3のクラブを掛け持ちしてクラブ活動をしている人が多い。それで、自然に“クラブに出店をお願いしよう”ということになったんです」と原さん(仮名)。昨年できた自治会とも協力して、結果的に運営スタッフが100人以上、という大規模なお祭りになりました。月1回開催されるマルシェとも連動して、エントランス付近にマルシェの出店、中庭に祭りの出店と、マンション全体が賑わうよう企画しました。

まず、出店を決めた各クラブがそれぞれどんな店を出すのか、どんな出し物をするのかを考えて報告します。それを受けて、11人で構成される実行委員が、例えばフラダンスならステージの時間を、ヨガの体験会なら共用施設を抑えるなどして割り振るのです。3月から月1回会議を行い、準備をしてきました。

さながら「大人の文化祭」。クラブ活動の発表の場にも

ライオンズ茅ヶ崎ザ・アイランズ金魚すくい

早速、ステージではマリンクラブによる「ビーサン飛ばし選手権」が始まりました。周辺では、釣友会による金魚すくいに子どもたちが行列をつくっています。綿菓子やかき氷、枝豆や冷酒まで、大人も子どもも時には売り手、時には買い手になって祭りを楽しんでいます。庭の芝生に座って何かを食べる人、催しに参加する人、それを見ている人……。みな笑顔です。

そのうち、ステージではおやつクラブによるマシュマロリレーが始まりました。粉の入った箱の中にあるマシュマロを手を使わずに探して走るレースです。みんな顔を真っ白にして走ります。ステージではその後も子ども英会話教室による「英語で遊ぼう」やフラダンスやキッズダンスのお披露目、6つある街区対抗の玉入れ大会などが行われていました。

ステージには本格的な機材が用意され、茅ヶ崎らしい音楽が絶えず流れています。大規模マンションの利点を生かし、友人のつながりで機材を借り、プロのDJには格安で出演してもらったそうです。

また、中庭を囲むようにして点在する共用施設では、ヨガサークルによるヨガ体験やガーデンクラブによるリースづくりなどが開催されています。目についたのは、床にかわいらしいセットを設けた「寝相アート撮影会」。子育てサークルによる出店です。「これまでの夏祭りも楽しかったけれど、小さい子どもを連れているとおむつを替えたり、昼寝の時間になると結局家に戻ったりして、ゆっくりできなかった」と子育てサークルの代表者は言います。それで、今回の出店では授乳室やおむつ替えスペースを設け、赤ちゃんのいる家庭にも楽しんでもらえるよう工夫しました。

無料でハーブティーを配っていたガーデンクラブの参加者は、「当日どうしても参加できない人もいるので、できる人だけで3か月前くらいから何とか準備してきました。これまではただ見に来るだけだったので、今回こういう形で参加できてとっても楽しい」と目を輝かせていました。

「自治会とイベント実行委員会ができたことで、理事会の負担が減り、役割分担がはっきりしました。そのおかけでみんなが力を合わせることができる。今後もたくさんの人が参加できるイベントを続けていきたい」と理事長は言います。理事会主導型からクラブ参加型へ。「ライオンズ茅ヶ崎ザ・アイランズ」の夏祭りは、より進化を遂げて大成功のうちに幕を閉じました。

概要(取材年月:2015年08月)
  • 建物名:ライオンズ茅ヶ崎ザ・アイランズ
  • 所在地:神奈川県茅ケ崎市
  • 階数 :14階建て
  • 総戸数:6棟・828戸
  • 竣工年:2012(平成24)年築
  • 管理形態:委託管理
  • 管理会社:(株)大京アステージ
  • 総会開催:毎年11月
  • 役員数 :34名
  • 役員任期:2年(再任は妨げない)

マンションライフをサポートする関係団体(リンク)