mainView
ビラ・セレーナ-1

肩ひじ張らない「隣人祭」でこの街らしい、長く続くコミュニティを

以前、神宮外苑ハウスで紹介した「隣人祭」は、フランスのパリで始まり、現在日本でも徐々に広がってきています。ご近所さんが集まってお茶を飲んだり食事をしたりするだけの簡単な集いですが、その簡単さゆえに長続きし、独特のコミュニティを形成しているマンションが都内にあります。ヴィンテージマンション(都心の人気エリアに立地し、築後10年以上たっているデザイン性の高いマンション)と呼ばれるビラ・セレーナで、素敵な隣人祭の様子を取材しました。

各種イベント

9年目を迎える隣人祭

ビラ・セレーナ-5

神宮前2丁目には、個性的なマンションが立ち並ぶ一角があります。1960年代から70年代初頭にかけてつくられたビラ・シリーズと呼ばれる「ヴィンテージマンション」です。その中でも2番目に古く、イエローがあしらわれた外観が特徴的な「ビラ・セレーナ」が今回の主役です。

ビラ・セレーナでは、毎年10月第1週か第2週の金曜日に「ビラ・セレーナ祭」という名の管理組合主催の隣人祭が開かれています。2007年から毎年開催され、すでに8回行われました。きっかけは、理事会での何気ない会話。パリの隣人祭のことを知っていた理事から、「一緒に住んでいるんだから、年に1回くらい飲み会をやってもいいね」と話が出たのが始まりでした。

「どうせなら飲み会だけでなく、道に面したエントランス部分でガレージセールをやったらどうか」という意見も出て、昼からフリーマーケットを開催。その流れで夕方からパーティを開く、というスタイルが定着しました。「ずっと同じ家に住んでいると、いらないものがどんどんたまっていく。それに事務所としてマンションを使っている人は、会社で商品を扱っているかもしれないと考えた」と理事長は言います。

都心の一等地に位置するビラ・セレーナは、その半分が事務所ユース。居住者も仕事で来ている人も寄りやすいよう金曜日に、また会場をエントランスと決めていたので、屋外にいても過ごしやすい秋ごろに、ということで、10月初めの金曜日を開催日と決めました。

とにかく「のんびり」が肝! 負担をかけずに楽しもう

ビラ・セレーナ-4

準備としては、数ヵ月前からチラシをまき、フリーマーケットの出店者を募ります。チラシやポスターをつくるのは、理事の一人で、マンション内に出版社を構える青山さん(仮名)。それ以外は特に大がかりな準備はありません。

何と言っても、このビラ・セレーナ祭の趣旨は「極力手間をかけずに楽しもう!」。できるだけ理事たちの負担がないように、自分の食事や飲み物は持ち寄り制とし、参加を無理強いしない、またマンションに住む人に限定しない、などゆるーいルールを設けました。

「せっかく楽しい集いなのに、みんなが疲れてしまうのは趣旨に反する。理事はなるべく準備の負担を追わない、参加も強要しない、もっと輪が広がったほうがいいから何か持ち寄ってくれたらマンション以外の人が来てもOKにした」と理事長。規制は設けず「のんびりやること」を最も意識しているといいます。実際に、毎年近隣マンションの住人やマンション居住者のお孫さんなど、いろいろな人が参加してくれているそうです。

都心ならではの問題もコミュニティで解決

ビラ・セレーナ-2

フリーマーケットは、11時半から16時半まで。出店数は毎年大体10前後で、古本や古着、本棚や椅子、小物や家に余っていたもの、中にはクルマが置かれたこともあったそう。ちなみに、今年のビラセレーナ祭は10月9日に行われました。

フリマが終わったら、ゆるゆると片付けながらパーティの準備です。といっても、机や椅子を持ち寄って、食べ物や飲み物を並べたらそれで準備完了。毎年居住者やマンションで仕事をしている人、その他で20~30人の参加があり、簡単な自己紹介をしたら後は自由に飲んだり食べたり、時にはギター演奏や歌も歌って盛り上がります。

会場をエントランスにしたのは、参加しやすい雰囲気をつくるためでした。「誰かが通ると必ず一杯飲んでいくよう声をかけるようにしている」と理事長。無理強いはしませんが、居住者の中には独居老人などもいるため、なるべく多くの人同士が顔見知りになっていてほしい、と考えているからです。実際、「顔を見たことはあったけど、隣人祭をきっかけに挨拶ができるようになった」などの声がたくさん上がっているそうです。

ビラ・セレーナは、賃貸に回している部屋や事務所使用が多いため、居住者が少なくまとまりにくい、理事のなり手が少ない、など都心の小規模マンションならではの問題も抱えています。そのため、管理組合は輪番制を取らず、ほとんど同じメンバーが理事を務めていますが、それだけに団結も強いのが特徴です。理事長をはじめとする役員の、肩ひじ張らない「誰でもウェルカム」な雰囲気が、独特のコミュニティを形成しています。

「この通りは、個性的なマンションがずらっと並んでいる。いずれ全部のマンションで同じ日に隣人祭を開いて交流できるようになったら最高ですね」と理事長は語ってくれました。

概要(取材年月:2015年08月)
  • 建物名:ビラ・セレーナ
  • 所在地:東京都渋谷区
  • 階数 :7階建て・1棟
  • 総戸数:25戸
  • 竣工年:1971(昭和46)年築
  • 管理形態:委託管理
  • 管理会社:(株)東急コミュニティー
  • 総会開催:毎年9月
  • 役員数 :5名(役員4名、監事1名)
  • 役員任期:制限なし

マンションライフをサポートする関係団体(リンク)