mainView
萩中施工区域3

よみがえったマンション――住民の強い思いで実現した、建替え(中)

2006(平成18)年、建替えを実施したオーベルグランディオ萩中(旧萩中住宅)。前回は構想から10年強を経て、建替え決議に至るまでの経緯をお伝えしました。2003(平成15)年8月、念願の建替え決議が成立したことから、旧萩中住宅管理組合はすぐに建替組合の設立を申請しました。萩中住宅の場合、建物の取り壊しがあるため、すべての事柄を建替組合に引き継ぐ必要があります。そのため、管理組合の理事がほぼ全員建替組合に移行することを決定。各棟から最低1人以上に理事を確保する前提で理事を補充し、同年11月に建替組合を発足しました。事務的引継ぎはスムーズでしたが、これからが本番です。建替組合理事会では、居住者のさまざまな要望と現実のすり合わせに奔走します。

その他

居住性や資金面、居住者の要望はさまざま!

配置図建替前

建替えについての居住者最大の要望は「南向き住戸」の新マンションであること。これは旧萩中住宅がこの点を売りにしていたことに起因します。そのため、事業協力者選定コンペでは、この「南向き住戸」をより多く確保した提案ができる事業協力者に絞り込みました。さらに要望は資金面についても多く出されていましたが、とくに追加費用が不要だった小規模住戸(50㎡以下)の希望数が計画後に50戸と倍増(計画前25戸)したことへの対応は難しかったといいます。計画と実現性を両立させるため、建替組合理事会では事業協力者への対応要望や協議を重ね、実現可能な計画に落とし込んでいきました。

また各法律に基づく区分所有者(=議決権行使者)の同意、建替えに伴う近隣からの同意書など、法律的問題や各種制度に基づく同意獲得も苦労した部分でした。明け渡し請求を行ったのは2件。1件はすぐに和解できましたが、もう1件は高齢者夫婦による明け渡し拒否。十数回にわたる交渉の末、断行の仮処分申請を行った上でようやく和解が成立したのです。

300戸が一斉に引越し!

配置図建替後

300戸近い居住者の引越しは、大手引越専門業者2~3社を使い、大掛かりな作業になりました。最大の懸案事項は、引越し先となる居住場所の確保。居住者の生活基盤を考えると、マンション近隣地区への仮住まいが前提となります。そこで近所の不動産業者への問い合わせや都住宅供給公社の空室・家のあっせんを活用、近隣地域に所在する大手企業の社宅を改装した集団引越しなど、利用可能な物件についてはあらゆる限り活用しました。

住み替え世帯数や引越し期間、居住者個々の要望を織り込みながらの対応は非常に苦労しましたが、大所帯の割には滞りなく進んだといいます。事業協力者[有楽土地(現大成有楽不動産)、長谷工コーポレーション]が作成していた仮住まい計画がかなり詳細に作りこまれていた上に、業者への手配といった実作業についても事業協力者が中心に動いてくれたことから、建替組合ではこれに沿った形で決定し、作業を進めることができました。細かい配慮は大変でしたが、「仮住まい計画の策定を含め、事業協力者側が意欲を持ってサポートしてくれたので心強かった」と振り返ります。

新居のイメージが膨らむ、工事見学会

施設計画図30B

竣工までの間、入居を予定する旧所有者にとっても「どんなマンションができるのか」「新しい部屋はどんな雰囲気なのか」など、新生活のスタートを控え、いい意味での落ち着かない日々が続きました。計画書を通して完成予想イメージを持ってはいましたが、建物自体がないため入居住戸や新マンションについての具体的な生活のイメージがわきにくい時期だったといえます。そのため建替組合では、工事期間中に旧所有者全員での視察・見学会を2度開催し、工事の進捗状況や導入設備の確認を含め、居住者間の認識を共有できるよう心がけました。

また組合事務所を現場近くに開設し、施工業者との意思の疎通、問題が発生した際に組合理事会としての確認・承認がすぐにできる体制も整備。自分達が主体となって進めている建替え事業である以上、「何か問題が起きれば建替組合としての解決が基本」。その部分での苦労は多かったが、「旧所有者の皆さんが自分で新住戸を選択し、自分の目で内覧会での最終確認をしました。最終的には皆さんに満足してもらえたと感じています」(当時の建替組合理事メンバー)。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

次回は、ついに「オーベルグランディオ萩中」として建替えを実現した管理組合の活動や入居後の住民の様子などを紹介します。
乞うご期待!

To Be Continued.

概要(取材年月:2015年03月)
  • 建物名:オーベルグランディオ萩中
  • 所在地:東京都大田区
  • 階数 :18階建て、2棟(A~D棟+共用施設1棟)
  • 総戸数:534戸
  • 竣工年:2006(平成18)年
  • 管理形態:委託管理
  • 管理会社:大成有楽不動産(株)
  • 総会開催:毎年6月
  • 役員数 :理事10人、監事2人
  • 役員任期:2年(1年毎に半数改選)

マンションライフをサポートする関係団体(リンク)