mainView
1-(8)

入居前から地域とつながる――区・町会と協働した手づくりコミュニティガーデン

マンションに隣接する公園は、マンションの価値を高めるだけでなく、地域住民との交流の場ともなる場所です。公園を管理する区と地域の町会、マンションに入居を予定する人たちとで共に公園づくりを行い、その公園での活動を通してコミュニティを醸成している亀戸の「コミュニティガーデン」の活動をご紹介します。

各種サークル活動

地域の声を聞くことからはじめよう〜「みんなで考える公園」づくり

1-(17)

「パークフロントテラス亀戸」は、江東区立亀戸七丁目南公園(以下、亀七南公園)に隣接するマンションです。明るい公園側の西向き住戸の人気が高く、公園からは子どもの遊ぶ声や行きかう人の挨拶が聞こえてきます。

しかし、マンション開発当初の亀七南公園は、現在のようにみんなが立ち寄る明るい公園とは言えませんでした。木がうっそうと茂り、周囲に柵があることでかえって視認性が悪い、暗い印象を与える公園でした。

そこでマンションの売主※は、マンション開発と同時に公園の改修工事を計画。江東区では「水と緑豊かな地球環境にやさしいまち」という基本構想をもとに、「シティ・イン・ザ・グリーン」の理念を掲げており、この理念に資するものとして売主が改修を提案しましたが、当初から区の理解をスムーズに得られたわけではありません。

また、地元の町会にも同様の声かけをしましたが、「改修は良いが、売主側の論理だけで進められるのは困る」「コミュニティガーデンを作るというが、きちんと自立した活動を育てられるのか」との声も挙がりました。そこで、売主は公園美化を目的とした地域住民参加のワークショップを計画。地域の緑化活動を支えるNPO法人とも連携し、町会はもとより、地域の子育て中のお母さん達、緑化やまちづくりに携わる学生達の参加等も得て、3回のワークショップを開催。区との協同で、地域の声をしっかりと取り入れた公園づくりが始まりました。

ワークショップ〜公園改修〜コミュニティガーデン活動をスタート

1 (9)

3回にわたって行われたワークショップでは、様々な意見が交換されました。その中で決定した「用がなくても立ち寄りたくなる、楽しい寄り道ができる公園」をコンセプトに細部を詰めていき、いよいよ改修工事です。

柵を取り払い、レンガを活用した花壇を設け、色とりどりの多くの花を植え、塗装も明るい色にして、掲示板も取り付けました。時期を同じくして区によるトイレの改修工事もあり、樹木も剪定され、明るくきれいになりました。改修によって明るく使いやすい公園となっただけでなく、ワークショップを重ねたことで、マンションができる前から地域のみなさんとコミュニケーションが取り合える関係となれたことも大きな収穫でした。

江東区にはコミュニティガーデン制度があります。この制度は、江東区在住者を中心に10人以上の仲間が集まり、公共の公園等の一部を活用して緑化活動を行う団体を登録し助成するものです。亀七南公園では、マンションが建設中の時期に、早くも地域の方々をメンバーとしたコミュニティガーデン登録団体「亀七南ガーデンクラブ」が結成されました。この活動にはマンションに入居予定の方々も参加するなど、入居前から地域と入居者の顔の見える関係づくりもスタートしました。

現在、マンションは入居2年を迎え、亀七南公園も季節の花が咲くみんなのコミュニティスペースとなりました。ガーデンクラブ登録者は18名。うちマンション在住者は3名で、今年度から代表者、会計ともにマンション在住者が務めています。

具体的な活動内容としては、毎月1回の公園の植物のメンテナンス活動、年に2回の植え替え。また、夏休みのクラフト教室、ラベンダーバンドルズづくり、クリスマス前の飾りつけなど季節ごとの行事も行っています。活動には登録者以外のマンション住民の参加も多く、小さな子どものいる家族連れのほか、夏休みや休日には子どもたちが数多く参加しています。

活動予算は、セブン-イレブン記念財団より「東京の緑を守ろうプロジェクト」の助成を受け、講師料、花苗代、資材代などを捻出しました。また、ほかのコミュニティガーデンとの関わりの中で球根や苗をもらったり、近隣の団地から株を譲り受けたりして工夫しているので、メンバーが持ち出しで花苗を買うことはないそうです。

「毎日公園に来て作業をしないと落ち着かない」というほど熱心なご夫婦、「マンションでできるからといつも作業で出たゴミを持ち帰る人、道行く人が「きれいですね」と声をかけてくれることがやりがいになると話す人……。自分たちでつくり上げた公園を中心に、地域住民とマンション住民の大きな輪ができてきています。

「公園づくりはまだまだ始まったばかりですが、ゆっくり楽しく続けていきたい」と、参加者は話してくれました。(写真:改修後)

※伊藤忠都市開発、コスモスイニシア

概要(取材年月:2015年03月)
  • 建物名:パークフロントテラス亀戸
  • 所在地:東京都江東区
  • 階数 :13階建て・3棟
  • 総戸数:174戸
  • 竣工年:2013(平成25)年
  • 管理形態:委託管理
  • 管理会社:伊藤忠アーバンコミュニティ(株)
  • 総会開催:毎年4月
  • 役員数 :10名(理事8名、監事2名)
  • 役員任期:1年(ただし、運用上半期ごとに改正)

マンションライフをサポートする関係団体(リンク)