mainView
アイキャッチ

湾岸タワーマンションの自治会がサポートする 3つのコミュニティクラブ

以前、湾岸エリアに建つ大規模なタワーマンションで活発に活動している自治会をご紹介しました。マンション内外のコミュニティ形成を重要視し、横断歩道やポストの設置を実現した自治会です。今回は、そんな自治会がサポートしているマンション内の3つのコミュニティクラブの活動をレポートします。

各種サークル活動

大規模タワーマンションのコミュニティクラブ

DSC00960

江東区豊洲にある大きなタワーマンション。総戸数1,481戸、東京メトロ有楽町線「豊洲」駅から徒歩約6分の「アーバンドック パークシティ豊洲」(以下、パークシティ豊洲)では、自治会がサポートするコミュニティクラブの活動が盛んです。

 

パークシティ豊洲では、竣工年の2年後、2010年に自治会が結成されました。その際、同時に誕生したのが2つのコミュニティクラブでした。マンション内の各世代の交流を目的に設立された2つのクラブは、シニアのためのBGクラブとレディースクラブです。

活発で会員数も多数!初期から続くBGクラブとレディースクラブ

昭和のあそびを楽しむ会

BGクラブの入会条件は、60歳以上であること。自治会からの支援のほか、江東区からの高齢者団体に対する助成金によって運営され、高齢者同士の交流、適度な運動、必要な知識の習得などを目的に、月1回程度活動しています。

 

レディースクラブは、女性なら誰でも入会できる気軽なクラブ。会員登録も必要ありません。茶話会、タオル枕作りなどの工作教室、料理教室など毎月多数の行事を開催。最近では、「もっと外に出よう」と方針を立てて、科学未来館や豊洲シビックセンター、昭和大学病院など近隣施設の見学会を始めました。

 

普段スタッフしか入れない場所を特別に見学させてもらったり、高価な楽器を演奏させてもらったり、参加者のためにつくった案内ビデオを上映してもらったりと、各施設で貴重な体験を重ねています。

 

どちらも活発に活動しているクラブですが、課題もあるそうです。「よくある話ですが、参加するメンバーが固定化されてきてしまっているんです」と、自治会長の浅見さん。そのため、新しい人がクラブに入りやすい雰囲気をつくるべく、自治会ではバス旅行など新しいイベントを種々用意し、コミュニティ醸成の支援をしているそうです。

2年前にできた園芸クラブでは、イベントも開催

夏休み子ども水やり

2年前には、もう一つのコミュニティクラブ「園芸クラブ」が設立されました。これは、居住者数人が声を上げ、有志を募って出来上がったクラブです。クラブ誕生のきっかけは、晴海通り沿いの桜並木の下草が殺風景なのを見かねた人たちが、「ここに花を植えてきれいにしたい」と考えたことでした。当初集まった有志は予想を上回る23名。その後も会員数を増やして、現在は約50名の会員が活動をしています。

 

園芸クラブ設立当初は、会員の家にある花やスーパーで特売していた苗を植え、少しずつ花壇を整えていきました。やがてそれを見た近隣住民からアジサイを譲り受けたり、住民の知人から苗をもらったりと、人々の善意がつながって、徐々に花の種類も豊富になっていきました。

 

「花壇の手入れをしていると、通りすがりの人やマンションに住んでいる人が声をかけてくれて、それが励みになっています」と園芸クラブの会員。一方、居住者は「いつもマンションの周りをきれいにしてもらっていて、ありがたいです」といいます。「園芸クラブの活動は毎日あるので大変だと思いますが、住民からの感謝の声も多い。参加型のイベントも開催してくれていて、コミュニティ醸成にも、美観にも寄与してくれています」と浅見さん。

自治会が支援するクラブ活動で住人たちの輪が広がり、マンション全体が元気になっていく──。そんな好循環が、今もっとも注目を集める豊洲のタワーマンションにありました。

 

概要(取材年月:2017年06月)
  • 建物名:アーバンドック パークシティ豊洲
  • 所在地:東京都江東区
  • 階数 :53階建て
  • 総戸数:1,481戸
  • 竣工年:2008(平成20)年築
  • 管理形態:全部委託
  • 管理会社:三井不動産レジデンシャルサービス(株)
  • 総会開催:4月
  • 役員数 :30名
  • 役員任期:1年(再任を妨げない)

マンションライフをサポートする関係団体(リンク)