mainView
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

オリジナルのチケットでお買い物! 居住者もスタッフも、みんなで楽しめる秋祭り

マンションの管理組合や自治会がコミュニティ形成のために主催するお祭りにもいろいろな形があるものです。代表的なものが、模擬店とステージでの出し物ですが、それらをとても上手に運営して秋祭りを開催しているのが、イニシア千住曙町自治会です。今回は、準備から開催までの様子を詳しく伺いました。

各種イベント

盛大な秋祭りのはじまり!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

7年前に竣工した総戸数515戸の「イニシア千住曙町」では、毎年10月になると盛大に秋祭りが催されます。主催はイニシア千住曙町自治会。マンション単独の自治会です。

あいにくの雨模様の中、今年も、イニシア千住曙町では秋祭りの準備が始まりました。自治会、管理組合双方の役員28名のほとんど、自治会の「サポーター」20名前後に管理会社からの応援なども含めて、全部で約60名が朝の9時からそれぞれの持ち場に分かれて手を動かします。

オープニングセレモニーやショーが行われるステージは、雨のためエントランス前のロビーに変更。幸い小雨なのと、昼から雨が上がる予報なので、模擬店のテント張りは予定通りマンション敷地内の屋外広場で行いました。予報通り昼前には雨も上がって、何とか無事開催できそうです。

焼きそば、カレー、焼き鳥、フランクフルトなど定番の食べ物や飲み物を扱う模擬店は屋外に、子どもが喜ぶ射的やスーパーボールすくいなどの縁日は屋内にセッティングされ、エントランスのステージで、地元の小学校の金管バンドによる演奏披露を皮切りに秋祭りが始まりました。

自治会員は500円無料! チケット制で会計が楽に

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

イニシア千住曙町の自治会は、515世帯中未加入者が数戸と、大変加入率の高い自治会です。そして、秋祭りにあたって自治会加入者にあらかじめ500円分のチケット引換券が配布されました。このチケットは、会計の煩雑さを避けるため、模擬店や縁日で買い物をする際に現金の代わりを果たすものです。

引換券を持っている居住者は、チケットブースでチケットと引き換えます。引換券の数を見れば、居住者が何人参加したかが一目でわかるため、自治会側にとっても後で参加者の数を集計するときに助かるという仕組みです。チケットが足りなくなった人、また自治会加入者ではない人は、チケットブースで1000円を払ってチケットと引き換え、買い物を楽しみます。

チケットには「5isa」と印刷されていますが、「isa」とは「Initia Senjyu Akebonocho」の頭文字をとったもので、1isaは10円換算。1000円分のチケットは20枚つづりとなり、秋祭り当日のみ有効で、換金や残ったチケットの引き取りはできません。一枚一枚にミシン目がついていて使いやすいのですが、このミシン目は役員が手分けをしてつくったものだそうです。各自で家に持ち帰って作業するとつらいので、みんなで集まってわいわい楽しみながらつくったということでした。

自治会、管理組合で費用分担。協賛も得て潤沢な祭り運営を

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

秋祭りの支出は自治会からが約45万円で、飲食の模擬店、ステージで行う手品や劇など外部に委託するものに使われます。管理組合法人からは防災備品として購入したテントや発電機、LEDライトなどを拠出サポート。ほかに、手分けして近隣の店舗等をあたって得た協賛金約30万円が充てられています。

協賛企業は協賛金のほかにも協力をしています。祭りの最後に抽選会が行われるのですが、例えば食事券などの景品を拠出してくれています。今回の特賞は何とLCCの国内航空券のペアチケット! この抽選会のおかげもあってか、秋祭りへの居住者の参加率は高く、前年は400人と約8割の人が、今年は雨の影響で去年よりやや少ないものの、それでも350戸の参加があったそうです。

イニシア千住曙町の秋祭りのユニークな取り組みはまだあります。それは、割り振られる仕事の中に「まかない班」という役割があること。これは、祭りを運営する自治会役員や管理組合の理事、運営をお手伝いするサポーターたちの食事等を用意する仕事で、以前の反省からこの役割ができたそうです。

「以前は朝から一生懸命準備して、祭りが始まってもずっと働きづめだった役員たちが、ご飯を食べる暇もなかった。これではみんなが疲れてしまうだけで面白くも何ともありません。だから、働き手となる約60名の人たちもしっかり楽しめるように考えたんです」と理事の横山さん(仮名)は言います。

「たくさんの人がお祭りに来てくれることも大事ですが、役員として参加してくれる人を増やすのが実は一番大事。役員の仕事について理解してもらえるし、これを機に理事になってもいい、と言ってくれる人が出てくれるかも、というのが裏の狙いです(笑)」と横山さん。実際に輪番で理事となった人が秋祭りで皆とざっくばらんに話せたことがきっかけとなり、今では重要な仕事をこなすようになったこともあったそうです。

そんな狙いもあり、主催者たちもしっかり楽しめるイニシア千住曙町の秋祭り。居住者だけでなく、近隣住民も数多く訪れ、大盛況のうちに幕を閉じました。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

イニシア千住曙町のホームページはこちら!⇒http://www.isa515.com/

概要(取材年月:2016年10月)
  • 建物名:イニシア千住曙町
  • 所在地:東京都足立区
  • 階数 :24階建て・5棟
  • 総戸数:515戸
  • 竣工年:2009(平成21)年築
  • 管理形態:委託管理
  • 管理会社:大和ライフネクスト(株)
  • 総会開催:4月
  • 役員数 :20名、監事3名
  • 役員任期:2年(半数改選、再任を妨げない)

マンションライフをサポートする関係団体(リンク)

  • 国土交通省 住宅金融支援機構 東京都マンションポータルサイト マンション管理センター
  • NPO全国マンション管理組合連合会 日本マンション学会 明海大学 日本マンション管理士会連合会
  • マンションライフ継続支援協会 マンションコミュニティ研究会 一般社団法人 マンション計画修繕施工協会 一般社団法人 マンション管理業協会